youtuber

カヲル:II(youtubeチャンネル)の正体は誰?国籍や未来人説を検証!

youtubeを見ていると気になる動画を見つけました!

カヲル:II』というチャンネルなのですが、絵や日本語、英語単語の羅列で暗号のような謎が多い動画を投稿されていました。

見てる人ははじめ何の動画か分からなかったのですが、あまりの先見性から都市伝説愛好家の間では未来人ではないか?と話題になりました。

このyoutubeチャンネル『カヲル:II』さんの正体は誰なのか?国籍や未来人説を検証してみました。

youtubeチャンネル『カヲル:II』が話題になった経緯

youtube上のチャンネル『カヲル:II』が開設されたのは2020年01月26日でした。

動画の概要欄には、『A person made my presence public. So let’s act to tell the truth. Act from the person you notice. Believers are saved . But you have to see through the lie』とあります。

和訳すると、『人が私の存在を公開しました。真実を伝えるために行動しましょう。気づいた人から行動する。 信者は救われます。しかし、あなたは嘘を見なければなりません』となります。

そして翌日27日に初めての動画『First message』が投稿されます。

投稿内容は見た人も多いかと思いますが、新世紀エヴァンゲリオンの絵を中心に、英語と日本語、数字や記号を用いて暗号のような文章を羅列しています。

中には『Akio Seki』など都市伝説で有名な関暁夫の単語が読み取れたり、新世紀エヴァンゲリオンの『碇シンジ』、ハンターハンターのキルアの妹『アルカ』の知っている人には分かる絵が散見されます。

都市伝説を知らない人が動画を見ても何のことか分かりません。

都市伝説愛好家の中では『関暁夫の緊急クエスチョン』に関係があるのでは!?と話題になりました。

関暁夫さんの緊急クエスチョンとは?

Mr.都市伝説 関暁夫のyoutubeチャンネル『Mr.都市伝説 関暁夫の情熱が止まらない』で『緊急クエスチョン』という謎解き動画が投稿されました。

この動画が投稿された日時は2020年1月25日ですが、すぐに話題となり現在では55万回も再生されています。

動画の内容としましては『2019年12月8日』『1月16日 日本人感染』と出ていることから、動画の一部は『新型コロナウイルス』を示唆していると読み取れます。

しかしその他は、イルミナティカードや『2.2』という記号、エリザベス女王などが出てきて、全体を通して何を伝えているのか分からず、暗号となっています。

動画自体は1分42秒と短く、動画の最後では関さんが『もう分かるでしょ!?』とおっしゃているのですが、僕は何を伝えたいのか全く分かりませんでした笑

『カヲル:II』さんの登場

この動画にいち早く反応したのが『カヲル:II』さんのチャンネルなんです。

振り返りますが、関さんが動画投稿をしたのが、1月25日なのですが、『カヲル:II』さんは1月26日にチャンネル開設しました。

しかもyoutubeチャンネルを開設した翌日には、関さんのクエスチョンの答えを知ってるかのような、暗号動画を初投稿。

この結果、緊急クエスチョンの答えを知っているのではないか?と話題になり、都市伝説系愛好家の間で瞬く間に広まりました。

その後も『カヲル:II』さんは数日に1度のペースで、暗号のような動画を投稿。その内容もとても意味深なことから、関暁夫レベルでこれから世界で起こる危機などを知ってるに違いないと注目されました!

何か動画を投稿すれば神のお告げのようなレベルで話題となり、この短期間でものすごい数のファンが『カヲル:II』さんのメッセージに注目しています。

この『カヲル:II』さんの正体は何者なのでしょうか?

『カヲル:II』さんの正体は誰?

まず動画を投稿し始めた頃は、あまりにも素早く関暁夫さんの緊急クエスチョンの内容を知っているかのように匂わせたことから、『関暁夫本人説』も出たくらいです。

しかしその後の『カヲル:II』さんの動画から、『日本語を学ぶのに時間がかかった』というメッセージがありました。

そしてこれまでの動画の英語の語彙力などから彼は日本人ではないと分かり、『関暁夫説』はなくなります。

次にAI説も唱えられたのですが、動画のメッセージ性などからAI説も消滅しました。

その後、『カヲル:II』さんの動画から正体に関するヒントがいくつか伺えます。

  1. 人と関わる際に初めて学んだ言語が英語
  2. 名はこの時代には表せない。発音もできないだろう。
  3. この時代に似ているのはエヴァンゲリオンの『渚カヲル』。だから名前を『カヲル:II』とした。

この正体不明の内容などから本当に未来人ではないか?と注目されます。

特に『名はこの時代には表せない。発音もできないだろう。』という部分がかなり未来人ぽいですよね~

『カヲル:II』さんの正体に関する謎は深まるばかりです。

しかし2月4日の夜にゲームチャンネルの『めぐもぐチャンネル』に突如『カヲル:II』さん本人が降臨したんです!

このことから『カヲル:II』さんが実在する人間であり、AIではないということが分かりました。

その放送内でのやり取りで、自身のことを

  1. AIでも未来人でもない
  2. 過去を生きた人で戦前を生きた
  3. 厳密には日本人とドイツ人のハーフ

と紹介されたらしいです。

なぜこのチャンネルに降臨したかは、配信していたゲームのタイトルに『カヲル:IIを考察』と載せていたので、たまたま本人がそれを目にして遊びにきた可能性が高そうです。

このことから未来人ではなく、『日本人とドイツ人のハーフ』ということが分かります。日本語をあまり知らないことを考えると、国籍はドイツの可能性が高いのでしょうか?

とにかく未来人ではなくても、関暁夫さんのクエスチョンの答えや、それ以上の世界に関するなんらかの緊急メッセージを知る人物という認識で間違いないでしょう。

これからの『カヲル:II』さんのメッセージに注目しましょう!

まとめ

カヲル:IIさんは関暁夫さん本人ではない。AIや未来人でもない。

本人によるとドイツと日本人のハーフ。

日本語を最近学んだことを考えると国籍はドイツ人の可能性が高そう

以上、『カヲル:II』さんの話題でした!